出会い系サイトが活況になる夏が狙い目。夏っぽい誘い方で彼女を作ろう!!

更新日:

 

出会い系サイトをやっている人にあまり知られていないことですが、
実は「夏は狙い目の季節」です。

アクティブユーザーが一気に増えてサイト内が活況になるんですよ。

この記事では「夏の出会い系サイトの攻略法」について解説していきますね。

 

出会い系サイトには狙い目の季節がある!!

人間は動物のように繁殖期がないので、恋愛需要は1年中あるものなんですけど、
それにもやっぱり波があります。

出会い系サイトにも繁忙期があるんですよ。

出会い系サイトに一番みんなが集まってくるのが12月末から1月の初旬。
クリスマス、冬休み、お正月とイベントが立て続けにあって、しかも新年を迎えるので気分が変わるんですね。
「今年こそは恋人を作ろう!!」と思ってサイトに登録する人がたくさんいます。

次に多いのが7月中旬から9月の初旬。
大学生は長い長い夏休み、社会人もお盆休みがありますね。

暖かくなってアウトドアのイベントも増えます。
海水浴、花火、お祭り、バーベキュー、登山、ドライブ、野外フェス、ビアガーデン、観光旅行などなど挙げたら切りがないほどです。

時間はあるし、遊ぶこともたくさんあるし、こうなると誰かと遊びたくなります。
できれば異性の遊び相手が欲しいなと思うのが自然な感情ですよね。

そういった背景があって、みんな出会い系サイトで恋人やセフレ探しを始めるわけです。

また、夏は男女ともに薄着でセクシー&開放的な気分になるので、出会い系サイトで出会った人との即エッチ率が高くなる傾向があります。

 

大学生がサイトに集まってくる

夏に出会い系サイトに入会するのは大学生たち。

2ヶ月くらいの休みがあるのでとにかく暇だし、性欲は爆発しているし、アルバイトをしてお小遣いもちょっと持ってます。
そうなると出会いが欲しくなるんですね。

特に女子大や短大に通う女の子たちは出会いが少ないですよね。
アルバイト先や友達の紹介くらいしか男の子と縁がない子が多いです。

また実家から離れて暮らしている学生は帰省するとやることがありません。
ひま過ぎて、クーラーの効いた部屋で甲子園をボーっと見てたりします(笑)

そんなときに「ちょっと出会いアプリでもやってみるか」と思って、みんな何となく始めるんですよ。

大学生と付き合いたいなら夏は一番狙い目です。

 

18歳未満がいる可能性が高くなるので注意

夏の出会い系サイトでひとつだけ注意したいのは、高校生が紛れ込んでいる可能性が高くなること。

大手の優良出会い系サイトでは年齢確認をしているので18歳以上しか登録できませんが、ごくまれに高校生が興味本位で登録することもあるんです。
親とか兄弟の身分証を使って、こっそり登録するんです。

ほとんどの子はただの興味本位。童貞を捨てたいとかそんな理由です。
たまにお金目的で売春をしている女の子もいますけど、そういう子は少ないですね。

怖いのは、私たち大人が18歳未満の子と体の関係になると、青少年保護育成条例や児童買春・児童ポルノ禁止法違反となり警察に逮捕されること。

この違反はめちゃくちゃ厳しくて、警察に捕まった時に「18歳未満だったとは知らなかったんです」と弁明しても基本的には許されません。
「ちゃんと確認しなかったお前が悪い」と言われて刑罰を受けることになります。
大学生なら退学、会社員ならクビですね。あと実名報道もされるのでネット上には犯罪者として名前が残り続けます。

このように18歳未満と付き合うのは超ハイリスク。
サイトで知り合った子に会った時に「思ってたより若いな…。ひょっとして高校生以下じゃないか?」と感じたら、顔写真付きの身分証などで年齢を確認させてもらいましょう。
面倒でもやっておかないと、取り返しのつかないことになりかねません。

まあ、実際には年をごまかしてまで出会い系サイトに登録する子はほとんどいないので、心配いらないですけどね。
念のためという程度の話です。

 

夏には夏のアプローチの仕方があります

出会い系サイトにいる人たちも、できれば夏を満喫したいと思っています。

日常生活の人間関係では物足りないので、サイトでの出会いに期待しているわけですからね。

そこで夏らしいアプローチをして、気になる異性の心をグラつかせてみましょう。

プロフィールに行きたい夏のイベントを書く

女性は男性のプロフィールをけっこう気にして読んでいます。
会う前にどんな人なのかちゃんと知っておきたい子が多いんですよ。

そこでプロフィールにあなたが夏にしてみたいことを書いておきましょう。
花火を見に行きたい、水族館に行きたい、アイスを食べたいなど、基本的には何でも良いです。
何でもいいと言っても「汗まみれのスポーツセックスがしたい!!」とかはダメですよ(笑)

夏らしいこと、夏のイベントなどを書いておくと、共感してくれる子が返信してくれることがあります。
その話題でスムーズにやり取りが出来たり、上手く行けばあっとういう間に会う約束までできたりしますよ。

プロフィールには書かなくても、やり取りの中で話題にしてみるのも良いですね。

掲示板で誘ってみる

掲示板で夏のイベントに一緒に行ってくれる子を探してみるのも一つの手です。

「フルーツがたっぷり乗ったかき氷のお店に一緒に食べに行きませんか?」

「仲良くなったら川床で食事をしたいな」

いろいろありますよね。

一点だけ注意したいのは、まだお互いのことをあまり知らない者どうしが2人で行くには厳しいイベントは避けること。
旅行はよっぽど親しい人とじゃないと無理ですよね(笑)
花火やドライブも敬遠されやすいです。「親しくなったら」という書き方にすれば大丈夫ですけどね。

音楽好きな人なら夏フェスとか、お酒好きならビアガーデンなんかも受けが良いですよ。
共通の趣味があればスムーズに誘えることが多いです。

私は夏に涼しいプラネタリウムへ星を観に行くのが好きで、ロマンティックなことが好きな女の子は喜んでくれたことがありました。

プロフィール画像も爽やか路線で

日本の夏の嫌なところは湿度が高くて、ジメジメしているところ。

そんな暑い日に、ギトギトした暑苦しい顔は見たくありません。
見てるだけで暑くなる人とはデートをしたくなくなります(笑)

そこでプロフィール画像はできるだけ清潔感があって、爽やかに見えるものを選びましょう。

白系統の服装で、光を飛ばし気味にすると爽やかに見える効果があります。
加工アプリを使うのもアリですよ。

女性は言葉よりイメージを重要視するので、気合を入れた一枚を載せましょう。

狙い目は初心者や再登録した人

夏の出会い系サイトは登録したばかりの初心者の人が増えます。
あと、しばらく放置していた人が再登録して戻ってくるパターンも多いですね。

ずっと出会い系にいる人よりも、こういう若葉マークの人たちを狙いましょう。

夏の出会いに期待して始めた人が多いので、恋愛に積極的な傾向があります。
成功率が上がりますよ。

 

本当の狙い目は残暑の残る9月~10月

出会い系サイトの登録数は夏に増えるのでチャンスが多いのですが、女性に限っては実は9月~10月の利用頻度がさらに高くなります。

以下はPCMAXのデータ。
月別の女性のメール返信率です。

  • 2015年7月:81.1%
  • 2015年8月:79.2%
  • 2015年9月:82.7%
  • 2015年10月:87.1%

10月はかなり高いですね。
なぜこのような傾向があるのかについては、複数の理由が考えられます。

  • 夏休み中は恋愛以外のことにアクティブに動いていた女性や旅行に行っていた女性が、忙しさが落ち着いた9月10月にPCMAXを利用するようになる。
  • 夏休み明けに女友達から彼氏と楽しく過ごした話を聞いて、自分も恋人が欲しいと思って。
  • インスタグラムやFacebookに夏のリア充が溢れかえっているのを見て。
  • 10月になると少し気温が下がり、人恋しくなる。

意外と9月~10月の方が女性が積極的になる穴場のシーズンなんですよ。

7月~8月でダメだった人も実はもうワンチャンあるんですよ。

 

 PCMAX公式サイト(R18)

 

チャンスのシーズンには積極的に動きたいですね。
待ってるだけではチャンスは掴めませんから。

 

 

<関連記事>

夏の出会いの見つけ方。ひと夏の恋で終わらせないための方法。

  夏になると恋人を作りたくなりませんか? アウトドアが楽しい季節だし、恋人と一緒に楽しめるイベントはたくさんあるし、長期休暇もあるし。 でも実際には狙い通りに恋人を見つけるのってけっこう難 ...

続きを見る

会える出会い系サイトは必ず年齢確認をしています。法令を遵守しているサイトを選ぼう。

  PCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールなどの出会い系サイトに登録すると必ず求められるのが「年齢確認」 確認のための証明書データを送るのは少し面倒だし、個人情報を他人に教えるのは警戒し ...

続きを見る

夏の海でナンパVS出会い系でネトナン。どっちが成功する?

  夏と言えばナンパの季節。 海に行ったら女性が気になりますよね。 ビーチを歩いていると、 「お、可愛いじゃん」と思わず目が行ってしまう女の子もいれば、おっぱいがデカい&お尻がエロい天性のエ ...

続きを見る

 

-出会い系サイトの気になる話

Copyright© ワット出会い系? , 2018 All Rights Reserved.